下腹のダイエットに立ちはだかる5つの壁

下腹のダイエットをしたいという悩みを持つ女性

他の部分は痩せているのに、下腹だけはポッコリ・・・。体重は変わってないけど、下腹が邪魔でジーンズが履けない・・・。年齢を重ねると共に増える、こんなお悩み。普通の腹筋を頑張っても、下腹だけは引っ込まないケースも多いのがまた悩ましいですね。一体どうしたら、綺麗に下腹ダイエットできるのでしょうか。

皆様のお悩みを解決するべく、ポッコリ下腹の原因と解消するための5つの壁をご紹介!早速実践して、憎き下腹の肉壁をなくしてしまいましょう。

下腹ポッコリの原因

一口にポッコリ下腹と言っても、原因は様々なんです。まずは、自分がどのタイプなのか見極めましょう。

○筋力の低下

内臓を支えられる腹筋が無いと、内臓が下がってきてポッコリしてしまいます。

○脂肪の蓄積

下腹は、内臓脂肪や皮下脂肪のつきやすい部分。カロリー過多による脂肪の蓄積が原因。

○姿勢が悪い

猫背だったり、骨盤が歪んでしまっていることによって、内臓が下がってしまったことが原因。

○胃下垂・腸下垂の可能性

胃下垂、腸下垂だと、胃や腸が下がって骨盤の中へ入ってしまい、下腹が出る原因に。

大まかに分けると、内臓が下がってしまっているケースと、脂肪がついているケースに分けられるんですね。皆様はどちらのタイプでしたか?

→『下っ腹のダイエットを容易く成功させるテクニック3選

下腹を鍛える!レッグレイズ

ウエストの締まった女性

ぽっこり下腹のダイエットには、普通の腹筋を行ってもあまり効果は見込めません。下腹を引き締めるのに効果的な、レッグレイズという筋トレの方法をご紹介。

①平らな場所に仰向けに寝て、手は身体の横に置く。

②息を吸って吐きながら、地面から足をゆっくりと10~30cm上げて、30秒程キープ。※反動を使って、勢い良く足を上げると意味がありません。下腹の筋肉で足を上げるよう意識して行ってください。

寝た状態で行う筋トレなので、普通の腹筋は筋力が無くて苦手な女性でも取り組みやすい運動です。きちんと腹筋を使えてないと腰に負担がかかってしまうので、腰の痛みを感じたら中止してください。

→『ぽっこりお腹をラクラク引き締める3つの魔法

空中自転車漕ぎダイエット

今回のテーマである下っ腹の他、太もも、ふくらはぎ等、下半身のダイエットに効果的なのがこの運動。レッグレイズ同様、こちらも、寝ながら出来ちゃう筋トレです!下半身が気になる方には、特にお勧めですよ。

①仰向けに寝る。

②足を天井と垂直になるように上げる。この時、足がふらつくのを防ぐために、腰を横から手で押さえます。

③下腹に軽く力を入れて両足と頭を上げ、自転車を漕ぐように足を回す。

時間としては、2~5分間ゆっくりと足を回すのがベスト。最初のうちは辛いと思いますので、慣れるまでは短時間で大丈夫です。 自転車に乗るために外に出たり、場所を取るエアロバイクを置かなくてもOKなんて嬉しい方法ですね。

→『太ももが面白いほど痩せていく3つの魔法

→『ふくらはぎを細くする方法!辛いものを除外して発表しよう

常にお腹に力を入れる

ダイエットに成功した若い女性

座っている時でも、外でお買い物中でもできちゃう、気軽な筋力トレーニングがこちらの方法。日頃から意識的にお腹に力を入れ、引っ込めるようにしているだけで筋力トレーニングと同じ効果が!

今、このページをご覧になっているあなたも、ちょっと試してみてください。継続的にずっと引っ込めていると、段々辛くなってきませんか?その辛さは、今まで使っていなかった下腹の筋力が使われている証拠。

常に引っ込めることを日常的にしてしまえば、周囲からも痩せたように見られますし、一石二鳥ですね。

→『タコでもできる?お肉がつまめる方向け、くびれの作り方!

筋力アップには、たんぱく質!

折角筋力トレーニングを頑張って下腹ダイエットに励んでも、適切な栄養を摂取していないと効果も半減。 運動したからといって、暴飲暴食なんて言語道断!筋トレの後は、筋肉が疲れた状態なので、筋肉の元となるたんぱく質を意識的に摂取する必要があります。

オススメ食材は、鶏ささみ・鶏胸肉・卵の卵白・チーズ・ヨーグルト等。 低カロリー・高たんぱく質の食事を意識することで、筋力をアップさせましょう。

→『肉を控えるダイエットで5キロ痩せられたら凄い

→『ゆで卵はダイエットに最適?驚くべき5つのメリット

→『誰でも簡単に作れるおすすめダイエットレシピTOP3

 

いかがでしたか?

下腹のダイエットには、適切な筋力トレーニングを行うことがポイントだったんですね。 迅速に下腹を引っ込めたいからといって、無理は禁物!筋トレは、なによりも継続的に行うことが大切。たった1日では、筋力は上がりません。 今回は3種類のトレーニング方法をご紹介しましたが、全部を取り入れる必要はありません。一番、あなたが取り組みやすい方法をチョイスすると良いでしょう。

あなたと相性の良いトレーニングを毎日続けて、ぽっこり下腹とおさらばです!

今回の新鮮ネタ

下腹のダイエットに立ちはだかる5つの壁

・ポッコリ下腹の原因を見極めよう

・レッグレイズで、下腹の筋力を鍛える

・太もも・ふくらはぎも鍛える!空中自転車漕ぎ

・日頃からお腹を引っ込めて、さりげなく筋力トレーニング

・筋肉の元、たんぱく質を積極的に摂取

もし役に立つ記事と感じていただけたら、Twitterやはてブで他の方に教えてあげてください!

   

コメント

  1. ニトロガス より:

    産後から下腹がぽっこりとでてしまい、悩んでいました。食事やパートがてらの運動を試してみましたが思うような結果は出ませんでした。
    何が悪いのかと思い読んだこの5つの壁は参考になりました。
    レッグレイズはなかなかキツイ動きで大変でしたが、空中自転車は寝る前などに毎日続けられそうなので、たんぱく質のおすすめ食材を取りつつしばらくはこの運動を続けて結果がでればいいなと思います。

  2. とってん より:

    半年ほど前から下っ腹が気になってきて、腹筋や腕立て伏せなど基本的な筋トレをするようにしていたのですが、まさか、腹筋にあまり効果がないとは・・・。
    確かに、ほとんど目に見える効果がないのでおかしいなとは思ってたんですが、ちょっとショックでした。まあ、わりとサボったりもしてるのでその影響かもしれませんがw
    これからはこの記事を参考に下っ腹を引っ込める努力をしていこうと思いますー。

コメントを残す