ダイエットを成功させたい?じゃーりんごをかじれ!

りんごでダイエットするのは簡単

かつて流行ったりんごダイエット。時は過ぎても、りんご=ダイエットのイメージは未だに変わりませんよね。それもそのはず、りんごにはダイエットに適した要素がぎっしり詰まっています。

ダイエットを成功させるりんごの力を、しっかり噛みしめ、とくと味わいましょう!!

かつて流行ったりんごダイエット

以前流行ったりんごダイエットは、固形物はりんごしか食べないという極端なものでした。これでは、いくらりんごに栄養が豊富だからといっても、偏りが出てしまい不健康だし、まず、飽きてしまって続けることは困難です。しかし、実はこのダイエット法、元々は19世紀のホリスティックドクター、エドガー・ケイシーの提唱する3日間の断食によるデトックス効果を狙ったもので、りんごは最低限の栄養素と、老廃物や毒素を排出するために食べるもの。ダイエットとしてのりんごではなく、ファスティング(断食)の為のりんごだったのです。だから、続けるのは3日間だけ。それ以上長く続けることは意味がありません。

→『ファスティングダイエットで失敗したアナタへの特別講座

→『断食をするなら絶対に知らないといけない5つの心得

3日間のファスティング中に口に入れていいのはりんごと白湯、またはミルクの入っていないコーヒー、夜寝る前に大さじ1のオリーブオイルのみです。これで身体から不要物を取り除き、身体本来の機能を取り戻す。かつて流行った3日間のりんごダイエットは、ダイエットそのものというよりも、ダイエット前の体質の改善、体内のリセットのような役割だったのですね。だから、この方法で体重が減ったからといって、ダイエットが成功したわけではありません。ただ、体質改善、身体の初期化という意味で、ダイエットを成功に導く効果が上がるとは言えるでしょう。

→『白湯で劇的ダイエット!ただのお湯と侮ったアナタへ

→『オリーブオイルの効能で簡単にダイエットを成功させる裏技

この方法でりんごダイエットを行うときには、これがファスティング(断食)だということを、必ず念頭に置いて行って下さい。りんごは栄養価は高いですが、りんごだけで1日に必要な摂取カロリーはとうていまかなえません。3日間、過度な運動は避け心穏やかに静かに過ごしましょう。

ファスティングの後は、りんごダイエットに限らず、少しずつ通常の食生活に戻さなければなりません。身体の状態を無理なく戻すことが大切ですし、急に元の食生活に戻すと、返ってリバウンドに繋がることもありますので、十分ご注意下さいね。

朝?夜?生活習慣にあった選択を!

食事を摂る家族

りんごはカロリーが少ないというのは前出ですが、なんと、りんご1個のカロリーは100~150㎉で、ご飯約0.5杯分。これなら、単純に1食の食事をりんご1~2個に置き換えただけでも、充分ダイエットに効果大ですよね。さらにりんごは栄養が豊富で、そのうちのいくつかはダイエットに非常に有効なんですよ。

○食物繊維 りんごは食物繊維が豊富で、お腹のお掃除に効果があります。

→『便秘を解消したら即効で痩せた?誰も知らない真実

○ペクチン ペクチンは食物繊維の一種ですが、便秘の改善以外にも、コレステロールの吸収を抑え、血液中コレステロール値を下げる効果があります。

→『悪玉コレステロールをえげつないほど減らす方法

→『コレステロールを下げる食べ物の中で群を抜いて良いもの5種

○カリウム 塩分を排出し血圧を下げる効果があります。

○ポリフェノール りんごには抗酸化力の非常に高いポリフェノールが豊富に含まれています。抗癌作用とアンチエイジング作用の他に、内臓脂肪を減らす働きがあります。

→『内臓脂肪は簡単に落とせるボーナスステージ

さて、このダイエットに最適なりんごを、ダイエット成功に最も活かせるのは朝・昼・晩どの食事に置き換えるのが良いのでしょうか?

 

【朝りんご派】

穀物などに比べ消化吸収が高いりんごを朝食べることは、朝バナナなどと同様に、午前中の排出時間を有効に使って便秘を解消し、胃腸を休め、代謝を上げる役割を果たします。胃の中に他のものが何もない状態にこそ、この消化吸収の良さは発揮されるので、朝は最も効果的です。朝の時間が限られる中で、料理をしなくても食事を簡単に終えられるのも、ポイントが高いですよね。

→『【効果大!】朝バナナを食べるだけで変わるアナタの身体

【昼りんご派】

もちろん、お昼ご飯をりんごにしてしまうのも、カロリーが減らせることには変わりなく、全く効果が無いわけではありません。しかし、胃の中が空っぽの時が最も効果的ですので、朝や夜よりは利点は少ない様に感じます。やはり、りんごダイエットを行うのなら、朝or夜の食事の置き換えがオススメですが、生活習慣に取り入れやすいのは昼食という人も多いかもしれませんね。

【夜りんご派】

りんごにはアップルフェロンという成分があり、これは虫歯菌を寄せ付けないという利点があります。1日の最後の食事に摂取するには、なかなか良い成分です。虫歯予防の面ではりんごは夜食べる方が良いですが、もちろん、ダイエット効果としても、単純に朝よりもカロリーをたくさん摂取してしまいがちな夕食をりんごに置き換えた方が、成功率が高いとも考えられます。夜はその後、活動がほとんどありませんから、余計なカロリーを蓄えないためにもカロリーの低いりんごでお腹を満たすのは良い選択とも言えそうです。

朝りんご、昼りんご、夜りんご、それぞれの生活の習慣に合わせ、自分に合ったものを選びましょう。

アップルテストで間食をコントロール

フルーツのダイエットパワー

アップルテストってご存じですか?直接りんごを食べるダイエット法ではありませんが、ダイエット中、食事以外の時間にお腹がすいて間食の誘惑にかられるときに、一呼吸置いて冷静に判断するのに役立つ方法です。

まず、お腹がすいて何かを食べたいとき、りんご1つを思い浮かべて、それを今すぐ丸々1個食べることができるかどうか想像してみましょう。もし、「何か食べたいけど、りんご1個は無理。」と思うようなら、その空腹は単なる口寂しさ。本当にお腹がすいているわけではありません。それは我慢ができる空腹と判断して乗り切って下さい。

 

さて、いかがでしたか?

りんごは百薬の長。身体に充分な栄養を確保しつつ、りんごで無理なくダイエットを成功させましょう。

今回の新鮮ネタ

ダイエットを成功させたい?じゃーりんごをかじれ!

・デトックス効果の高いかつてのりんごダイエット

・りんごダイエットのタイミングは、生活習慣に合わせろ

・アップルテストで間食をコントロール

もしダイエットの参考になりましたら、SNSで友達に教えてあげてください!

   

コメント

  1. みかん より:

    りんごはバナナよりも続けやすそうですね。これからの時期、お店に沢山並びますしやってみようと思います。

  2. まーるちゃん より:

    りんごダイエットは昔試したことがあるのですが、この記事を読んで私のやり方は間違っていたことがわかりました。また頑張ってみようかな!

  3. kz16 より:

    りんごダイエットの仕組みを初めて理解しました!
    朝、昼、夜のどこに置き換えるかでどんな効果が得られるのかもわかりやすくてとても参考になります。
    頭の中にりんごを思い浮かべる方法も、自分の中の空腹の線引きがハッキリしていいですね。是非やってみたいと思います!

  4. ぴくみん より:

    朝りんごと昼りんごまでは出来そう!
    問題は夜りんご。
    三日間で効果がでるのダイエットと思ってやってみようと思います。

  5. ろん より:

    りんごがこんなに栄養価高いもので、食べる時間と方法でこんなに効果が違うのは初めて知りました。
    3日間なら簡単にできそうなのでやってみます!

コメントを残す