ダイエットは朝ごはんから!効果を180%上げる神メニュー

ダイエットに最適な朝ごはん

ダイエット中はできるだけ食べ物を減らしたほうが良いように思えますが、朝ごはんについては断然食べるべき!朝ごはんを食べる習慣のある人と、食べないという人を比べてみると、食べない人は、毎日ちゃんと朝食を摂る人の5倍も太りやすい、というデータがあるそうです。

では、どのくらい何をたべたらいいのでしょう?ダイエットに効果的なメニューとその理由を見ていきましょう。

朝ごはんを食べる理由

朝ごはんを食べない場合、前日の夜からお昼まではずっと空腹ということになります。ついつい、ランチを食べすぎてしまう、というのは当然です。そして、カラダのほうは、空腹である時間が長ければ長いほど、やっと入ってきた食べ物をしっかり体脂肪として蓄える働きをしてしまいます。いつもより多く食べてしまった分が、体脂肪になってしまうなんて・・これではせっかくダイエットしている意味がありませんね。

そして、朝ごはんは規則正しい生活を作る基本でもあるので、しっかり食べないと体内時計が正しく働かず、食べたものをエネルギーに変える代謝が十分に行われなかったり、内臓の消化や吸収の機能や、脳の働きも悪くなり、太りやすくなるといわれています。 そうしたデメリットを防ぐために、ダイエット中の朝食におすすめな食べものはというと、まず良質なたんぱく質をとることが必要です。

たとえば、朝食メニューによく使われる、たまご、牛乳、ヨーグルトなどは、必須アミノ酸を含んだ良質なたんぱく質です。 これに加えて、外食が多い昼や夜の食事で不足しがちな、ビタミン・ミネラルを摂ることができる野菜や果物も意識してメニューに加え、動物性のたんぱく質や脂質は、控え目に。 また、朝食を食べる時間は9時ごろまで!カロリーは400~500kcalが望ましいといわれていますよ。

→『ダイエット中のオススメお昼ごはん5選

→『ゆで卵はダイエットに最適?驚くべき5つのメリット

おすすめメニューその1

身体に必要なフルーツ

グラノーラはとっても手軽に食べられて、ビタミンや食物繊維も豊富。朝、とにかく時間がない!というひとにおすすめの朝ごはんメニューです。ヨーグルトや牛乳をかけることで、たんぱく質も摂ることができます。種類も豊富で、玄米が入っているもの、ドライフルーツが入っているものなど、味や食感もいろいろ。何種類か用意して、トッピングも工夫すると、毎日でも飽きずに、おいしくいただけます。

可能なら、夜寝る前にフルーツやサラダ用の生野菜などを冷蔵庫に用意しておくと、時間がない朝でも、よりバランスの取れた朝食にすることができます。 フルーツに含まれる果糖は、眠っている間に消費されたエネルギーを素早く補給してくれて、頭や身体を目覚めさせてくれます。そして、生のフルーツに含まれる酵素とヨーグルトの組み合わせは、デトックス効果が高いので、ダイエット中の朝ごはんには、ぜひおすすめです。

→『ドライフルーツは太る?正しく活用する3つのポイント

→『ヨーグルトでお手軽ダイエット!痩せる3つの理由

おすすめメニュー‐その2

朝食にトーストを食べる人は多いと思いますが、動物性の脂肪であるバターをたっぷり塗ったり、ピーナツバターなど高カロリーのトッピングは控えましょう。代わりに、ツナとチーズ、薄く刻んで火の通りを良くした玉ねぎ、トマトなどを載せてピザトーストにしてみましょう。パン1枚でいろいろな種類の栄養が一度に取れて満腹感も得られます。

→『【衝撃効果】トマトジュースが体にもたらす7つの幸せ

これに、野菜や果物で作ったスムージーを加えると、カラダの老廃物をスムーズに排出するためにも必要な食物繊維も十分に摂ることができます。腸内環境を整えることもダイエット中にはとても大切なこと。また、きれいな肌や髪を作るために必要な栄養やエネルギーまで、減らしてしまうことがないように、朝食で適量のエネルギーを補給して1日をスタートさせましょう。

→『腸内環境を改善して他人より賢く痩せるエッセンス

おすすめメニューその3

食事を楽しむ女性

「ダイエット中でも、朝はやっぱりお米のごはんが食べたい」という人が気になるのは、やはりカロリーのことだと思います。ごはん一膳分のカロリーは200kcal。しかし同じお米でも、おかゆにするとカロリーは半分の100kcalに減らすことができます。その上おかゆは水分が多いために少量で満腹感も得られるので、我慢いらずでカロリーダウンができるのです。自由に味を変えられるのも便利なところ。トマトやチーズ、顆粒スープなどを加えて洋風にしたり、ごま油を垂らして、ねぎと蒸し鶏などの具材を載せると中華風にもできます。

また、代謝を上げる効果があるといわれる食材を加えると、ダイエットにも効果的。たとえば、マグネシウムを含むほうれん草や牛乳、漢方にも使われるショウガにも代謝を上げる働きがあります。 白米ではなく雑穀入りのごはんで作ると、食物繊維も豊富。シラス干しや温泉卵などトッピングの工夫で、不足しがちな栄養を補うこともできるので、ダイエット中の朝ごはんには最適といえます。

 

いかかでしたか?

まずは、10分早く起きて健康的に1日をスタートする習慣をつけましょう。おすすめのメニューを参考に、好きな朝ごはんを用意したら、朝起きるのが楽しみになるかも。太りにくいカラダづくりで、ダイエット成功を目指しましょう。

今回の新鮮ネタ

ダイエットは朝ごはんから!効果を180%上げる神メニュー

・「グラノーラ+ヨーグルト、フルーツ」でビタミンとミネラル補給

・「具だくさんピザトーストとスムージー」で効果的にエネルギー補給

・「ヘルシーな朝がゆ」で健康的にダイエット

もし役に立ちましたら、SNSで他の方に教えてあげてください!

   

コメント

  1. 匿名 より:

    朝食はパン派なのですが、ピザトーストはなるほどな、と思いました。
    お手軽だし、具は作り置きもできそうなので、早速試してみます!

  2. 匿名 より:

    朝ごはんは面倒なときは食べずにいて、それで食べなかったらその分太らずにいれると思っていたのでこの記事をよんでみてこれからは意識して食べようと思います

  3. ピーチ より:

    朝ごはんは食べないと力がでないので絶対食べるようにしていましたが、工夫次第でダイエットにも繋がるのであれば、パン一枚だけとかでなく栄養バランスも考えてみたいと思いました♪

  4. tokumeikko より:

    夜は寝るだけだから少なめに、朝はしっかり食べるようにしています。パンにバナナヨーグルト、カフェオレ、チーズという感じですがパンの代わりにグラノーラもいいですね。毎日同じでも飽きてしまうので、色々変えて食べてみようと思います。

  5. キョウコ より:

    朝にグラノーラ、話題の商品だけどなかなか手が出せずにいましたが、ビタミン、ミネラルを補給できる、ヨーグルトも健康にいいし、試してみたいと思います。

コメントを残す