足のむくみは原因の把握から!誤った対処をしているアナタへ

足のむくみの原因を取り払おう

足がしびれやすい。疲れる。夕方になると足がパンパンになる気がする。靴下のゴム跡や編み跡までくっきり。しかも足を押さえると指の形に凹んだまま、なかなか戻らない。ここまで来ると完全に足がむくんでいます。放っておくと、病気を招くこともあるので要注意です。

足のむくみにはいくつかの原因があって、根本を見直すことも重要ですよ。自分に合った方法で足のむくみを解消し、ふくらはぎまでスッキリとした足首美人を目指しましょう。

むくみと密接な病気、下肢静脈瘤

重力に逆らう流れを助けるための静脈の弁、この働きが壊れて起こる下肢静脈瘤は、足のむくみと密接な関係があります。足の後ろ側にできてしまうと、ひどくなるまで自分でも気がつかないことも!

下肢静脈瘤もまた、自力で治癒するのは困難な病気です。見た目だけの問題ではなく、放っておくと内出血の原因となったり、だるさや痛みを伴ったりします。家でできるケアをしつつ、お医者様に相談した方が良いでしょう。

熱いお風呂は厳禁です。お風呂はぬるめ、またお風呂の最後に水シャワーを足にかけると良いようです。あとは、むくみ一般に有効な、マッサージや軽い運動を心がけて下さい。

座りっぱなしでも?

体重のコントロール

職場が立ちっぱなしで、足がむくむことはよく知られていますが、座りっぱなしも足のむくみの原因の一つ。曲がった関節が血液やリンパの流れをせき止めてしまうからです。

日中、仕事などで同じ姿勢をとり続けなければならない方は、時々意識して関節の曲げ伸ばしをしてみて下さい。足の指を人知れずグーパーしてみる。座ったまま足首の曲げ伸ばし。または立ったまま足首を回す。ひざの屈伸運動。時々は椅子から降りて、足の付け根も意識して曲げ伸ばししましょう。

立ち仕事の方は背伸びをしたり、ちょっとその場跳びを繰り返すのもイイでしょう。貧乏揺すり程度でも意外と効果があるそうですよ。

○○の摂りすぎも原因の一つ!!

塩分を取り過ぎると、人の身体は増えすぎた体液内の塩分濃度を下げるために水を多く必要とし、足のむくみに繋がります。健康な人の身体には多すぎる塩分を体外へ出す機能がありますが、それでも排出されるには1~3日程度の時間がかかり、その間、むくみを招く事になるのです。

習慣的に塩分を多く取り過ぎれば、当然、むくみも継続化されます。毎回の食事で塩分の摂りすぎに気をつけ、また、塩分の排出を促すカリウムをたくさん含む食品を意識的に摂りましょう。ただ、腎機能の悪い方はカリウムの摂取制限がありますから、お気をつけください。

→『足痩せダイエットの成功に欠かせない3つの知識

運動は不足してませんか?

リンパが身体に流れるには筋肉の力も使っています。血管の流れも同じです。足は特に重力に逆らって血液やリンパ液を押し戻さなければならないので、その分筋肉の力を必要とします。極端な筋力不足は代謝の力も下げてしまい、足のむくみの原因に。

激しい運動をする必要はありませんが、軽い運動をする習慣を作りましょう。ストレッチや体操、ウォーキングなども効果がありますよ。

→『ふくらはぎを細くする方法!辛いものを除外して発表しよう

女性には深刻!冬の前に冷え性の改善を!!

痩せる願望

身体が冷えている状態が続くと、血液の循環が悪くなり、足がむくみます。冷え性を根本から緩和する方法を考えて対処してみましょう。

身体を温めるのに必要なのは食事・運動・入浴です。お風呂あとのマッサージやストレッチも温まった身体を冷やさず長く維持できるので、充分にやってみましょう。冬シーズンの前からしっかりとした体質改善を!!

→『太ももが面白いほど痩せていく3つの魔法

むくみの原因と対処法

足のむくみは、それぞれの固有の原因で、血液やリンパの流れが滞って下に溜まって起こります。原因に合わせた対処法が重要ですが、共通して有効な方法もいくつかありますので、プラスして試してみましょう。

・足を高くして寝る

クッションやバスタオルを折り曲げたもので大丈夫です。就寝時に足の下に当てて、足の位置を少しだけ高くしてみましょう。睡眠中に足を上げるのがうまくできない人は、寝る前の数分間だけ、壁に沿って脚を上げるだけでもOKです。

・加圧(着圧)ソックス

最近は100均でも売っています。リンパの流れを意識するなら足の甲も覆うものを選びましょう。睡眠中に使用と書いてあるものや、睡眠中は使ってはいけないものもあります。また、医療用は非常に圧力が強く、履くのにコツがいるものもあるので、説明書や注意事項はよく読んで使用しましょう。

・ストレッチ

床に開脚状態で座り、ふくらはぎの筋肉が伸びるように足首は曲げて足全体をゆっくりと伸ばしましょう。足の指を掴んで前屈しても良いです。

・軽い運動

つま先立ちからのその場跳びや、足踏みでも程度でもOK。

・マッサージ

土踏まずからゆっくり、ふくらはぎを上の方に押し上げるようにマッサージします。ひざの裏は特に良くもみほぐしてみましょう。

→『下半身痩せの成功に不可欠な5つの知識

病的なむくみ

足に痛みが伴う、1週間以上昼夜改善することなく常に足のむくみがある場合は、心臓・肝臓・腎臓などの病気が原因の疑いがあります。

病気の場合は、自力で治すことはできません。速やかに専門のお医者様を訪ねましょう。

 

さて、いかがでしたか?

足のむくみにはいくつかの原因があり、特に力を入れるべき対処法がそれぞれに違います。基本は踏まえつつも、原因に応じた方法を意識して、足のむくみを改善しましょう。

今回の新鮮ネタ

足のむくみは原因の把握から!誤った対処をしているアナタへ

・下肢静脈瘤は自然治癒が難しい

・姿勢が固定された生活に注意

・塩分の摂りすぎも原因の一つ

・運動不足はやっぱり敵

・冬の前に冷え性の改善を

・原因は、血管やリンパの流れが悪いから

・病的なむくみはお医者様に

   

コメント

  1. ミホ より:

    むくんでいるという意識はあまりなかったのですが、時々足のだるさを感じるのはむくみのせいかも、と気づかされました。冷えはかなり自覚があります。冬に向けて、今からマッサージやストレッチを習慣付けていきたいです。

  2. むきー より:

    足を高くして寝るだけでむくみとれるんですね。簡単なので今夜からやってみたいと思います。

  3. さと より:

    立ち仕事の人は、足がむくむというのは知ってましたが、座りっぱなしでも、むくみの原因とは初めて知りました。確かに、座り仕事なのにむくんでるという事が不思議でしたが、その理由が今回分かりました。今晩から、お風呂工夫してみます。

  4. 匿名 より:

    私は美容師で一日中立ちっぱなしだったので、長年、足のむくみに悩んでました。でもこの記事を読んで、改善策がわかったのでこれからは安心です。

  5. ななこ より:

    デスクワークのため足のむくみに本当に困っています。足を高くして寝るというのは私でも出来そうなので、さっそく試してみたいと思います。

コメントを残す