栄養満点のゴジベリーは痩せる効果の宝箱だった?

ゴジベリーのダイエット効果

皆さん、ゴジベリーをご存じでしょうか?日本ではクコの実のほうがなじみがあるかもしれませんね。杏仁豆腐の上に乗っている赤い実といったらわかりやすいでしょうか。実はゴジベリーは今話題のスーパーフードなのです!なんと歴史のある「薬用果実」でもあり、あの有名な世界三大美女である楊貴妃も毎日欠かさずに食べていたとか。

マドンナやミランダ・カーなど数々のセレブも愛用しているゴジベリーの痩せる効果について紹介しちゃいます!

スーパーフード、ゴジベリー

先ほども触れましたが、ゴジベリーはアサイーやチアシード、ココナッツオイルと同じスーパーフードの仲間です。ここで少しスーパーフードの定義を紹介していきますね。

・少量で栄養素や健康成分がとれ、特定の有効成分をたくさん含んでいる。

・低カロリーでヘルシーである

・抗酸化作用がある

・老化防止、生活習慣の予防、がんのリスクを低くする

といったことがスーパーフードの主な条件、定義です。これだけでもかなり優秀なのですが、さらにゴジベリーは今回のタイトルのとおり、ダイエットの効果もまたすごいんですよ!

他にも視力回復や口内炎にも効果があるとされています。ますます興味がわいてきませんか?こんなに優秀な食べ物、食べないわけにはいかないですよね。

→ まだまだチアシードは現役!知っておくべきメリット5選

→ バージンココナッツオイルで簡単に痩せる前に見るべき記事

→ ココナッツオイルダイエットで失敗しない3つのポイント

気になるダイエットの効果とは?

それでは気になるダイエットの効果について見てみましょう。

まずはビタミンB2。こちらはダイエットに嬉しい脂肪燃焼の効果があります。そして食物繊維は、食べるとお腹の中で水分を含み膨らみますので、満腹感を得られやすくなります。定番の腸内環境を整えてくれる作用もあるので便秘の解消もしてくれるんですよ。便秘で悩んでいる方は便通がよくなるのでそれだけでウエストがスッキリなんてことも!

→ 便秘を解消したら即効で痩せた?誰も知らない真実

そしてβーシステロールという成分ですが、血圧の上昇を抑えてくれ、コレステロールの値を下げてくれます。コレステロールが下がると血液がサラサラになり、血栓予防や生活習慣病の予防をしてくれるだけでなく、代謝もよくなるもで、ダイエットのリバウンドの予防効果も期待できちゃいます。

→ 悪玉コレステロールをえげつないほど減らす方法

リバウンドで悩んでいた方には嬉しい効果ですよね。さらに血液がサラサラになるという事は血流もよくなるので、むくみの解消もしてくれるんですよ。

→ 足のむくみは原因の把握から!誤った対処をしているアナタへ

→ むくみを消すにはツボ?漢方?サプリ?一番楽なのは○○!

オススメの食べ方

そのまま食べるのもアリですが、このゴジベリー、少しクセのようなものがあり、人によっては食べにくいということもあるようです。杏仁豆腐の上にの出る以外にも、水でふやかして柔らかくし、ヨーグルトなどに混ぜたりスムージーに入れたりとトッピングやアクセントにして食べるのがメジャーのようです。

→ ヨーグルトでお手軽ダイエット!痩せる3つの理由

ほかには、クコ茶にしてのんでみたり、はちみつ漬けやお酒に漬けるという方法もあります。ただし、はちみつやお酒に漬けた場合は長期間の保存は難しいので、早めに食べましょう。

摂取するときに注意してほしいこと

こんなに優秀な食べ物、今すぐにでも食べたくなりますよね。でも実はゴジベリーには多少の副作用があるんです。まず、意外と高カロリーだったりします。一日の摂取量として多くても20粒までにしましょう。胃腸が弱い方や消化不良を起こしやすい方、下痢気味の方、低血圧の方は食べるのを控えたほうがいいかもしれません。

ただし、控えたほうがいいといっても、摂取量を調整することで必ずしも副作用が出るわけではありません。胃腸が弱い方は少量から始めましょう。最初は5粒程度から様子をみたり、自分の体調に合わせて調節して摂取してみてください。ちょうどいい量が見つかるハズです。

さらに、ゴジベリーには「中絶作用」があります。なので女性の方は特に摂取する場合は注意が必要です。妊娠中の方や授乳中の方は、食べるのは避けたほうがよいでしょう。妊娠している方や授乳中の方も、一通り落ち着いてから摂取しても遅くはありません。授乳の期間が終わってからなど、タイミングを考えれば安心して摂取できますよね。

また、量を調整しても心配な方はサプリメントもあるので探してみてください!

 

ここまでゴジベリーについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

副作用があったりと難しい食べ物のイメージがあるかもしれませんが、決して悪いことばかりではありません。それは最初のほうでおわかりいただけたはずです。重要なのは、自分に合った摂取量をみつけること!そしてダイエットに成功し、憧れのセレブのようなスタイルになっちゃいましょう。

今回の新鮮ネタ

栄養満点のゴジベリーは痩せる効果の宝箱だった?

・ゴジベリーの効能はダイエット以外にも

・もちろんダイエットの効能は文句なし!

・食べ方もアレンジ次第でたくさん

・食べる時は量と体調に気を付けましょう。

もし役に立ちましたら、SNSで他の方に教えてあげてください!

   

コメント

  1. れれたん より:

    ゴジベリー始めて聞きました!杏仁豆腐の上にのってたやつが、すごい効果のあるものなんですね。びっくり、気づかなかったです。
    摂取量を守ればいいんですね、ぜひ手に入れて効果を感じてみたいです。

  2. ぽんたろう より:

    ゴジベリーがクコの実だという事を初めて知りました。
    脂肪燃焼や便秘解消、視力回復や口内炎にも効果があるとは結構優秀な食材なんですね。
    とても勉強になりました。

  3. もこもこもこ より:

    クコの実ってゴジベリーっていうんですね!初耳でした。
    そして、杏仁豆腐の上の赤い実は飾りだと思って今まで食べずに残してました。なんてもったいない事をしたんだろうと後悔してます。。
    こんなに美容効果があるなら、これからは杏仁豆腐を食べる時もゴジベリーから食べようっと!

  4. まこ より:

    みなさんと同じく、私もゴジベリーって初めて聞きました。
    洋名がゴジベリー、和名がクコの実って感じなんでしょうか。
    ゴジベリーというと一気にスーパーフード感が出てきますね。
    これはアサイー、バジルシードなどに続く人気スーパーフードになりそうな予感!
    効果も便秘解消や脂肪燃焼など嬉しいものばかりで、俄然興味が湧いてきました。

  5. yohei より:

    ゴジベリーと呼ぶことは知りませんでしたが、クコの実は薬用果実だったんですね。
    確かにクセのある味なので、たくさん食べるのは難しいですが、ヨーグルトに入れて毎日少しづつであれば続けられそうです。

コメントを残す