【最新】二の腕が面白いほど痩せる5つの方法

二の腕を痩せるには?

暑い季節、袖が短い服を着て鏡を見たときに、二の腕が、自分の頭の中のイメージとは何となく違ってるってことはありませんか?

・・・あれ?私の腕ってこんなバランスだったっけ?一度弛んで脂肪が付いてしまった二の腕は、食事制限で体重を落とすだけでは、なかなか細くはなりません。

痩せるのが難しい二の腕を、面白いほど引き締める方法を、こっそりやってみませんか?

二の腕を痩せる前に、まずは準備!!

まずは、肩から肩胛骨の筋肉を柔らかくほぐし、二の腕がより引き締まるよう、身体の周辺の部位から準備をしましょう。それには肩回しが効果的です。

①両手を横に伸ばし、肘を曲げて肩に指をつけます。

②そのまま、両肩を前から後ろに回します。手が前方向の時は、肘と肘をできるだけくっつけるように、手が後ろ方向の時は、肩を反らせ、左右の肩胛骨をくっつけるようにします。

③10回回したら、逆方向に10回回します。

肩周り肩胛骨の筋肉がほぐれると血行がよくなり、むくみや肩こりも軽減!二の腕も痩せやすくなりますよ。最初は無理をせず、できる範囲で肩を動かしながら、少しずつ大きく回してみましょう。

→ 二の腕を痩せるのは超簡単?知られざる3つの魔法

筋力が無い人でもできる方法

筋肉の全くない人から多い人まで、負化を少しずつ変えながら二の腕を筋トレできる方法がフレンチプレスです。本来はダンベルなどを持って行うエクササイズですが、筋トレに慣れていない人は、まずは何も持たずにやってみましょう。

①右手を上へ高く上げます。二の腕の筋肉がぎゅーっと伸びきったのを感じるぐらい上げてみましょう。

②そのまま、肘を前に向け、肘下を左手で支えます。腕が真っ直ぐ斜めにならないように、また、肩から肘の部分が動かないようにしっかりと支えましょう。

③腕をなるだけ真後ろに曲げるように、ゆっくりと肘を曲げます。しっかり曲げたら今度はゆっくりと伸ばします。途中に休憩を入れながらでもいいですので、30回ほど繰り返します。

④左右を変えて30回、曲げ伸ばしをします。

軽くできるようだったら、ダンベルや水を入れた500㎖ペットボトルなどを持ち、負荷をかけてやってみましょう。ペットボトルは水の量で重さが調節できるので便利ですよ。ダンベルも水を入れるタイプのものもありますので、ちょうど良い重さを見つけてみましょう。

人にもよりますが女性の場合、負化無し~500gぐらいの重さがちょうど良いようです。あまり重い負荷をかけると、二の腕が痩せるだけではなく、筋肉がつきすぎてムキムキになってしまうので注意しましょう。

→ 脇腹の脂肪を落とすために3つの今すぐできるコト

道具が無くても

通常の腕立て伏せでは鍛えにくい二の腕や腕の裏側の筋肉を鍛えるのに、後ろ腕立て伏せはなかなかよい方法。通常の腕立て伏せとは違い、全身では無くお尻から上の体重をかけるため、女性でも続けやすいです。身体がうつぶせでは無いので、空き時間にテレビなどを見ながらでも気軽にできるのもイイですよね。

①お尻をついて座ります。足は少し曲げて立てましょう。

②手は肩幅の広さで身体の後ろ。自然な位置で床につけます。その際、指が身体方向に向くようにしましょう。

③ゆっくり耐えられるところまで肘を曲げます。

④ゆっくり伸ばします。

これを30回ほど繰り返しましょう。

→ ジムで得られる魅力的なダイエット効果とメリットまとめ

美しい腕のヒントはバレリーナ!

ハリウッド女優のボディメイクで脚光を浴びた、バレエビューティフルをご存じですか?女性らしいしなやかで美しく、無駄な脂肪をつけないボディラインを目指すエクササイズです。バレエは元々非常にストイックなスポーツで、バレリーナの身体を見れば分かるように華奢で華麗な美しさを常に保っています。

このバレエビューティフルで美しい二の腕を作るエクササイズに、スワンアームというものがあるのをご存知でしょうか。実際のエクササイズは、長時間延々と繰り返される動きですが、もう少しだけ気を抜いて、バレエの有名な演目「白鳥の湖」の白鳥をイメージし、手を翼に見立て、美しく羽ばたいてみましょう。二の腕が美しく痩せる良い方法ですよ。

①白鳥の翼をイメージし、手を大きく羽ばたかせてみましょう。

②両肩を少し後ろに引き、肩胛骨を開くようにします。両手を上げるときは耳より少し後ろ側に開くように意識しましょう。

③最初に動くのは肩から肘、肘から手首まではその後に付いていくように、手首から先はさらにその後を追いかけるように。その動作を5分ほど続けてみましょう。

優雅に柔らかく羽ばたく仕草は意外に難しく、普段はあまり使わない上腕の裏の筋肉を使います。二の腕に効いているのが実感できますよ。慣れたら時間も少しずつ延ばしてみましょう。

→ 肥満化が進む日本人!あなたが太らずにすむ3つの対策

リラックス時の二の腕ケアも大切

二の腕には、筋肉をほぐし、血流を促して代謝を上げる方法も大切です。エクササイズの前後に行うと、身体を温め、筋肉増加・脂肪燃焼を助けるだけでなく、皮膚を刺激し弛みを改善する効果もありますので、お風呂の時など身体がリラックスしたときに試してみましょう。

①右手を上に上げます。

②左の手のひら全体で右手を包み、右手の手首から脇下まで、腕の裏側をしっかりと力を入れてさすります。左手を下げるのでは無く、右手を上に伸ばすことを意識しましょう。

③左右を変えて同じように、左腕を右手でさすります。左右数回ずつ繰り返しましょう。

→ 背中の肉を落とすなら○○をしろ!

 

さて、いかがでしたか?

二の腕の筋肉は、普段の生活では使う場面が少なく、知らず知らずに太く弛みやすい場所です。だからこそ、意識して動かすことで、効果も現れやすい場所。痩せる方法を知って、気がついたときに少しずつ鍛えながら、綺麗な二の腕を手に入れましょう。

今回の新鮮ネタ

【最新】二の腕が面白いほど痩せる5つの方法

・『肩回し』で肩と肩胛骨をほぐして二の腕痩せ準備!

・力に合わせて誰でもできる方法『フレンチプレス』

・『後ろ腕立て伏せ』は使わない筋肉を使って痩せる

・美しい二の腕を作るのは優雅でストイックな『スワンアーム』

・『リンパマッサージ』で弛みも解消

もし役に立ちましたら、SNSで他の方に教えてあげてください!

   

コメント

  1. あき より:

    二の腕の運動をするにはダンベルがいると思っていましたが、道具が無くても気軽にできるのはいいですね!後ろ腕立て伏せというのも初めて聞きました。早速やってみたいと思います!

  2. きょうこ より:

    バレエビューティフルいいですね。バレリーナの方はとても綺麗な身体をしているので憧れていました。二の腕がかなり気になっていたので、バレエビューティフル挑戦してみます。

  3. ぴっぴ より:

    試しにやってみたら思ったよりやりやすくて続けられそう。肩こりもちょっとマシになった気がするからどんどんやってみたいですね!

  4. 匿名 より:

    肩こりがヒドイので、是非やってみたいと思います。
    腕やせに肩胛骨というのは、目からウロコです。

  5. ひなこ より:

    肩こりがヒドイので、是非やってみたいと思います。
    腕やせに肩胛骨というのは、目からウロコです。

  6. まこと より:

    二の腕に筋肉がなく腕だけを動かす運動はあまり続かないのですが、肩回しと後ろ腕立て伏せは私でも続けて運動できました。肩回しは肩こりにも効いて一石二鳥なのが嬉しいです。

  7. より:

    二の腕やせって難しいのかと思っていたけど、今日からでも始められそうなものばかりで嬉しいです。早速挑戦!!!

  8. mizu より:

    運動してもなかなか細くはならない二の腕を、揉み解してセルライトを潰して、細くしていきたいです。

  9. 匿名 より:

    二の腕は、中々痩せにくいと思って断念してましたが、これなら簡単に出来そうで続けていけそうです

コメントを残す