マキベリーを使った誰でもできる簡単ダイエット術

マキベリーの驚愕ダイエット効果

ハリウッドの有名女優やスーパーモデルなどのセレブの間で、健康やダイエット、美容のために流行っているスーパーフード。カムカム、チアシード、アサイーなど、日本では実物はあまり馴染みのない食品ですが、加工品では本当によく目にしますよね。

そんなスーパーフードの中でも、極めて栄養価の高い食品『マキベリー』をご存じですか?栄養たっぷりのマキベリーを暮らしに取り入れて、ダイエットをサクサクッと進めちゃいましょう。

マキベリーに含まれる効果的な成分

マキベリーの故郷は南米チリのパタゴニア。細長いチリの最南端、つまり南米大陸の最南端で、南極にほど近い地域に自生しています。栄養価の高いその効能から、現地では古くから健康食や民間療法の薬として使われてきたそうです。現地になっている実の姿はブルーベリーによく似ていて、同じベリー種ですが、栄養価は格段に違います。

スーパーフードの中でも、栄養価が大変高いフルーツとして有名なマキベリー。マキベリーに含まれる栄養で注目すべきは、なんといってもポリフェノールの量です。食品100gに対するポリフェノール量を比較すると、赤ワインは230mg程度、ブルーベリーが300mg、アサイーで1,500mg、そしてマキベリーにはなんと7,500㎎ものポリフェノールが!!つまり、ポリフェノールだけに注目したとしても、アサイーの5倍、ブルーベリーにいたっては15倍というのだから、驚きです。

マキベリーに多く含まれるポリフェノールの一種であるアントシアニンには、血行を促進し、基礎代謝を上げる働きがあります。肩こりや冷え性にも大変高い効果があるため、基本的な体質改善に効果大と言えますよね。豊富なビタミン・ミネラルが、さらに代謝をUP。人の身体の中では作ることのできない必須脂肪酸もたくさん含まれているので、ビタミン・ミネラル類とともに体内の脂肪を燃焼させて中性脂肪を減らします

その他にも、カリウムによってむくみ改善効果も期待でき、食物繊維もお腹のお掃除に効果的!ダイエットにはかなり効果の期待できるのがスーパーフード、マキベリーです。

→『ふくらはぎを細くする方法!辛いものを除外して発表しよう

→『腸内環境を改善して他人より賢く痩せるエッセンス

それではいよいよ実食!!

家族と楽しくご飯

マキベリーは希少なスーパーフードですから、生の状態にお目にかかることは難しく、日本で目にするのは粉末状のものがほとんどです。その分、高い栄養価も簡単に身体に入るように感じますね。色は濃い紫色で、目には非常に強い主張のように感じますが、味はさほど強くはなく、ベリー特有の酸味があり、粉末であるためお料理にもとても使いやすいようです。

・スムージー

まず、定番とも言えるのはスムージーですね。いつものスムージーに粉末マキベリーを入れて混ぜるだけ。グラスにスムージーを少し入れマキベリーを混ぜた上に残りをのせれば、2色のきれいな層もできて、いつものスムージーがさらにオシャレに変身です。

→『飲み物ごとの痩せる効果と注意点を、猿でもわかるように解説

・ソース

お肉をソテーした後のフライパンに赤ワイン・塩こしょうなどで調味し、最後にマキベリーを少し入れると、お肉に合うベリー系特有の爽やかなソースができます。お皿にセッティングしたお肉に添えていただきましょう。キレイな色が映えて、ワインに合うこと間違いなし!!

→『肉を控えるダイエットで5キロ痩せられたら凄い

・ドレッシング

オイルと酢・塩こしょうの基本のフレンチドレッシングに、マキベリーパウダーを加えるだけ。たったこれだけで、簡単おいしいドレッシングの完成です。もちろんお醤油ベースのドレッシングにも合います。市販のドレッシングを利用してもいいかもしれませんね。マキベリーと一緒にたくさんの野菜もとりましょう。

・何にでもかける!!

粉末だからできる、なんといっても一番簡単な方法です。ヨーグルト、グラノーラやコーンフレークなどのシリアル、アイスクリーム、カットフルーツなど、手軽にマキベリー効果をいただきましょう!!

→『ヨーグルトでお手軽ダイエット!痩せる3つの理由

・サプリで摂る

実は粉末だけでなく、マキベリーを配合したサプリもあります。手軽にとることができるので便利ですね。仕事が忙しくて思うように自炊ができないときなどには、サプリは本当にお助け商品。他のサプリと一緒に、マキベリーも忘れずに。

→『サプリメントで痩せるのは無理?知って得する3つの知識

マキベリーを食す、ちょっとその前に

早く痩せたい

マキベリーをとるときは、体内のポリフェノール量が減る午後3時頃が最も効果的です。また、サプリなどでとる場合は過剰摂取にならないよう注意する必要があります。

マキベリーに含まれるビタミンAとEは脂溶性ビタミンで、水溶性のビタミンとは違い、余分なものが身体から排出されにくい特徴があります。過剰摂取は体調を崩す原因です。注意書きなどをきちんと読んで、決められた摂取量より多くはとらないよう気をつけましょう。他のサプリをとっている場合は、トータルのバランスも考えて摂取量にはさらに注意を払ってくださいね。

 

さて、いかがでしたか?

夢のスーパーフード、希少価値の高いマキベリーの効果が最大限に活かされるよう、工夫しながらダイエットに役立てていきましょう!

今回の新鮮ネタ

マキベリーを使った誰でもできる簡単ダイエット術

・ブルーベリーの15倍を誇るポリフェノール量で絶大なダイエット効果

・何にでも混ぜて食べられる手軽な粉末タイプ

・とるなら断然昼下がり、ただし過剰摂取には注意

もし役に立ちましたら、SNSで他の方に教えてあげてください!

   

コメント

  1. 無名 より:

    マキベリーはポリフェノールがたくさん含まれているということなので、積極的に摂取したいと思った。料理に使いやすいというのも人気が出そうだなと思った。

  2. びたーちょこ より:

    アサイーはちょこちょこ摂取してますがマキベリーは知りませんでした!
    日本でもパウダーが手に入るならぜひ試してみたいですね☆

  3. 秋晴れ より:

    名前は聞いたことある果物?でしたが粉末で売っているのですね。
    午後3時頃に摂取するのがよいとのことで、オヤツにヨーグルトで
    一石二鳥です。

  4. hikari より:

    テレビで紹介されていたので、マキベリーはとても気になってました。栄養があってダイエットに良いんですね、とても参考になりました。近所のスーパーにはおいてなさそうなので、ネットなどで一度購入してみたいと思います。

  5. ビーエー より:

    マキベリーって最近コンビニで売っているスムージーに入っているので、名前だけは知っていましたがかなりのスーパーフードだったんですね!
    粉末とかだったら、KALDIとか成城石井なら手に入りそう?
    ドレッシングやスムージーなら簡単に取り入れられそうですね。

コメントを残す