妊婦さんの体重管理法を大公開!「太って当然」は赤信号

妊婦さんの体重管理はとっても重要だった

妊娠中の体重は、妊婦さん達の悩みの種ですよね。つわりなどで体重が思うように増加しない人もいるし、気をつけているのにどんどん増えてしまって、健診の度に注意を受けると言う話も。お腹の赤ちゃんの分増えるといっても、赤ちゃんの出生時の体重はおよそ3㎏。どれほど赤ちゃんのために蓄積されて、どの程度が自分のお肉へと向かっているのか、自分の身体とはいえ、よくわからず不安が募りますよね。

というわけで今回は妊婦さんの体重管理について、詳しく覗いて見ちゃいましょう。

太りすぎは危険

妊娠中の食事は赤ちゃんが食べたがっているんだから太って当然、増えても出産すれば減るから大丈夫、なんて言われていたのは遠い昔の話。今や、体重の管理は妊娠中の重要な課題です。

では、なぜ太りすぎてはいけないのでしょうか?実は太りすぎると妊娠中毒症や妊娠糖尿病の原因になります。妊婦さん特有のこれらの病気は、妊婦さんの健康の支障にもなりますが、赤ちゃんの成長にも大きな影響があります。

また太りすぎると産道にも脂肪がつきますので、赤ちゃんの通り道が狭くなり難産になりやすいリスクがあります。このように、妊娠中の太りすぎは赤ちゃんの成長、母体の健康、そして出産そのものにも危険が伴うことが分かっています。

→『授乳中にはダイエット!即効で元の体型を取り戻せ!

体重増加の目安は10㎏

お腹に耳を当てる子供

妊娠中の体重増加はおよそ10キロが目安です。ただし、妊娠前の体重が少ない人もいるし多い人もいます。お母さんの食べたものが直通で赤ちゃんの身体に入るのでは無く、お母さんの蓄えた栄養がお母さんの身体を通じて赤ちゃんを育てるわけですから、元々の蓄えが多い人と少ない人では体重増加の許容範囲も変わって来るのが当然ですね。

ですから、体重増加の目安は、妊娠前のBMI値が18.0以下のほっそりタイプの妊婦さんは10~12㎏、妊娠前のBMI値が25.0以上のぽっちゃりタイプの妊婦さんは5~7㎏それ以外の中間ジャストタイプの妊婦さんは7~10㎏を目標にして考えてみましょう。 ちなみにBMI値の計算式は、

BMI値=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

ですが、こちらで身長と体重を入力すれば自動計算もできます。

→『BMIと適正体重 – 高精度計算サイト

意識して体重管理を始める時期はつわりが過ぎてからつわりが始まる妊娠前期、つわりがひどく体重が減っている人は、あまり食べるものにはこだわらず、むしろ食べられるものを食べられるときに食べるようにした方がよいでしょう。何より、健康の維持とストレスを溜めないことです。体重管理のことは少し忘れて、ご自分の健康状態にだけ気をつけて過ごして下さい。

通常、つわりが治まってからが体重増加の始まりですが、妊娠前期からほとんどつわりがなく、何でもおいしくいただけちゃうという人も中にはいらっしゃいます。そういう方は妊娠前期から、そうではない方はつわりが治まってから、いざ体重管理に邁進です!!

体重増加の目標値は週200~300g

さて、トータルで目指す体重増加基準は分かりましたが、それは妊娠期の最終的な増加です。いきなり10㎏以下と言われても、では最初にドーンと10㎏増えたらあとは増やさないようにすればいいのか、逆にずっと増やさないようにしていたら臨月になってドーンと10㎏増えてもいいのかと言われれば、もちろんそれは違います。

目安としては1週間に200~300g。もし500gを越えるようなら、次の週にはできるだけ増やさないよう調整するしかありません。実際1日の間でも変動する誤差の範囲の増加量ですが、なるべく同じ時間・同じ条件で計測し目安にしましょう。

→『驚愕ビフォーアフター!本当に痩せたダイエット5選

体重管理法は食事と運動

ダイエット中の友達コンビ

必要以上に体重を増やさない方法の基本は、食事と運動です。妊婦さんの場合はその上に栄養面を考慮しなければなりません。

なるべく鉄分とカルシウム、ビタミンの多く含まれる、低脂肪低カロリーの食品を選びましょう。塩分控えめとお通じのよくなるものも不可欠です。炭水化物は控えめに、ご飯は雑穀米や玄米(玄米はよく噛むことで食べる量が減ります)、パンなら全粒粉がオススメです。お肉は赤身。豆類やお豆腐などの大豆製品はとてもよいでしょう。お野菜は緑黄色野菜を率先して摂ると良いです。また、いちじくやプルーンなどをドライフルーツで摂ると栄養価も上がり妊婦さんにはとても適しています。鉄分やカルシウムがたくさん含まれますし、同時にお腹の調子も整えますよ。

→『ドライフルーツは太る?正しく活用する3つのポイント

運動は難しい

マタニティヨガやマタニティスイミングなどのスクールに通うのもよいかも知れません。激しい運動はできませんから、買い物のついでに外をお散歩などが中心でしょう。足がむくんだりつりやすかったりしますので、お散歩のあとはストレッチをゆっくりのんびりと時間をかけてやってみましょう。雑誌などでは妊婦さん向けの体操もいくつも紹介されていますね。

→『ウォーキングでカロリー消費する時に必ず○○をしろ!

 

いかがでしたか?

長い人生の中では短いようで、過ごしてみると意外に長い妊娠期間。大切な身体をうまく体重を維持しながら、気持よく過ごせるとよいですね。

今回の新鮮ネタ

妊婦さんの体重管理法を大公開!「太って当然」は赤信号

・太りすぎは危険

・体重増加の目安は10㎏が基準

・体重管理は、つわりが過ぎてから

・体重増加目標値は週200~300g

・体重管理法は食事と運動。

もし役に立つ記事と感じていただけたら、Twitterやはてブで他の方に教えてあげてください!

   

コメント

  1. あす より:

    わたしも妊婦時代に体重の増えすぎで栄養指導を受けたことがありました。つわりあけはすごく食べたくなるので、2人目が出来たら気をつけます。

  2. キノウ より:

    体重の増加って10キロが基準なんですか
    もっと重くなるもんだと思っていました
    私も妊娠したら体重増えすぎない様に気をつけないと

  3. みんみん より:

    私も長男を出産したばかりですが、妊娠中はなんとか+10kgでギリギリで
    した。
    ちょっと油断すればすぐ体重増えますよねー
    私は対策として散歩やマタニティヨガをやりましたが、体重管理以外にもリフレッシュもできるし、体力もつくし、呼吸法も身につくしでいいことだらけだなと思います!

コメントを残す