簡単にスリムになる?カロリーを天才的に取る3つのポイント

カロリーを制限してスリムになろう

あなたはスリムな身体を手に入れるために摂取カロリーをコントロールしていますか?

実はこのカロリーの摂取には取るべきポイントと取らなくてもいいポイントがあるのです!それが栄養のバランス!この栄養バランスが悪いと、いくらダイエットを続けても健康的でスリムな身体は手に入りません。

では、そのスリムな身体を手に入れるためのカロリー摂取における3つのポイントをお教えしましょう。

1.カロリーだけに囚われない

よく、カロリーを減らせばスリムに痩せれるという話を聞きませんか?これ、実は大間違いなんです。確かにこのカロリー量を減らせば、最初のうちは急激に痩せていくでしょう。が、それは本当に最初だけ。それから先はずっと体重が横ばいになる結果に終わってしまいますよ!

それだけならまだいいです。しかし、この摂取カロリーだけを減らした反動はリバウンドという形で帰ってきてしまいます。

では、なぜこのような結果になるのか?それは、栄養バランスを無視したダイエットだったからです。よく栄養素の表記ではカロリーの他に炭水化物や脂質、タンパク質という表記を見かけますよね?栄養のバランスと無視したと言うことは、これらの栄養素の割合を考えなしに全部減らしてしまった結果だったのです。

そして、この栄養バランスの基本は『炭水化物:6』『脂質:3』『タンパク質:1』のように、ある程度決まった水準があります。これを理解せずに食事制限のダイエットを強行してしまったら、さっきの失敗例のように『ある時期から痩せなくなる』し、『やめたらリバウンドする』最悪の結果に終わってしまいます。

では、どうしたら解決するのか?それが、カロリーだけに囚われないということなのです。カロリー表記はあくまでも目安にすぎません。そして具体的に言えば、注目したいのは炭水化物と脂質の量を見ること。特に脂質は必読!なぜなら炭水化物よりも2倍もカロリーが高いからです!ダイエットの観点から見たら、脂質はまっ先に減らす事を考えた方がいいですね。逆に炭水化物はそのままの割合にするのがベスト。そして、タンパク質はダイエットするにあたって運動に必要になりますので増やしてください。

割合としては『炭水化物:6』『タンパク質:3』『脂質:1』あたりを目標にカロリーを減らしていけばダイエット効果は見込め、スリムな身体づくりに貢献してくれるはずですよ!

→『キヌアのカロリーを限りなく下げ、健康的に痩せる説明書

→『低カロリーの王様こんにゃくから得られるダイエット効能集

2.マイナスカロリー食品を食事に取り入れる

栄養たっぷりのダイエット食材

いくらダイエットをしていても、普段の食生活を変えたら空腹でストレスが溜まってしまいますよね?では、この食べた分以上に消化と吸収するのにエネルギーを使う食品があるのをご存知ですか?それが、マイナスカロリー食品。これは以外にも身近にある果物や野菜が対象となっています。

具体的にはわかめ等の海藻類、トウガラシやウーロン茶などがこのマイナスカロリー食品に該当します。つまり適正な食事制限していても空腹に悩まされているのであれば、このマイナスカロリー食品を食べたり飲んだりして空腹を紛らわせることが可能なワケなのです。

しかし、だからといってこればかり食べては、さっきの栄養バランスの観点からも良いとは言えません。あくまでも空腹によるストレスを抑えるために食べると考えておいてくださいね。

以下は代表的なマイナスカロリー食品の一例リストです。

野菜:アスパラガス、キャベツ、キュウリ、ブロッコリー、レタス、玉ねぎ、大根、ニンジン、ほうれん草、カブ、スイカ、トマト、ニンニク

果物: リンゴ、イチゴ、みかん、グレープフルーツ、オレンジ、ピーチ、パイナップル、レモン、マンゴー、ブルーベリー

この中から自分の好きなものや取り入れやすい物をチョイスして、ダイエットに生かしましょう。ですが、もちろん栄養バランスを保っていないと完全にマイナスにはなりませんので、そこは注意してくださいね。

→『キャベツダイエットが成功する3つの条件とお勧めレシピ

→『えっ!酢タマネギにこんなすごいダイエット効果が?

→『【衝撃効果】トマトジュースが体にもたらす7つの幸せ

→『みかんダイエットの驚愕効果!あの栄養で面白いように痩せろ!

3.痩せるためのエネルギーは確保しよう

犯罪的に美味そうな卵

カロリーや栄養バランスが大事なのはわかりました。では次は短期間でダイエットを成功させるためにはどうするのかを説明します。いくら栄養バランスを取っても運動をしなければスリムな身体は手に入れられません。確かに消費カロリーが摂取カロリーを上回り栄養バランスを取ったら痩せていきます。しかし、効果はゆっくりでしょう。では、短期間で痩せるため次に考えるのは何か?それが運動するという事なのです。

しかし、このままの状態で運動を始めてはいけません。始めるにはその準備段階で痩せるためのエネルギーを確保しましょう。すなわち、スリムに痩せるためにはカロリーを多く摂取する必要があるのです!カロリーを増やしたらダイエットをするのに本末転倒かと思われるでしょう。が、それは問題ありません。なぜならこの場合のカロリーを増やすのはタンパク質を中心に摂ればすむ話だからです。

これがもし摂取カロリーが少ない状態で運動しても、その効果は薄くなってしまってスリム体型が遠のいてしまいますよ!

ですから、運動すると決めたらタンパク質を摂り、きちんとダイエット効果を最大限に発揮できるようにカロリーを調整して挑むのが正解と言うワケなのです。

→『牛乳でダイエットが面白いようにはかどるメカニズム

→『焼き芋でほくほく痩せていく?最新ダイエット食材が決定!

→『アボカドオイルの驚愕効果!進化したオイルダイエットまとめ

 

ダイエットは簡単にできる物ではありません。が、きちんと栄養バランスや食品の性質、運動による消費のためのカロリーを考えて食事を行えば確実に痩せれて、そして美しいスリムな身体が手に入り、リバウンドもしにくい好循環になってくれますよ!

あなたもこれらを踏まえてスリムな身体を手に入れましょう!

今回の新鮮ネタ

簡単にスリムになる?カロリーを天才的に取る3つのポイント

・カロリーだけに囚われない

・マイナスカロリー食品を食事に取り入れる

・痩せるためのエネルギーは確保しよう

もし役に立ちましたら、SNSで他の方に教えてあげてください!

   

コメント

  1. リンリン より:

    痩せるためにはカロリーを減らせといわれますが、「スリムに痩せるためにはカロリーを多く摂取する必要がある」というのは気がつきませんでした。たしかに運動するためにはエネルギーが必要ですね。

  2. あるん より:

    私も今ダイエット中で、停滞で悩んでいましたが、
    この記事を読んで、まさに私が今陥っている状態そのものでした。
    カロリーだけを減らして、少し体重は落ちたものの、
    それ以降、カロリーを制限しても、体重が落ちなくなったのです。
    改めて、栄養バランスの大切さを実感しました。
    とても参考になりました。ありがとうございます。

  3. コロン より:

    現在ダイエット中です。カロリー制限と少しの運動をしていましたが食事はカロリー摂取を控えるだけで栄養はあまり気にしていませんでした。今後はタンパク質を多めに採りながら
    バランス良く食事を心がけていこうと思います。

  4. こあ より:

    これからダイエットを考えていたのでとても参考になりました!
    運動してカロリーを減らしてだけでなく、栄養のバランスも考えながら気長に取り組んでいきたいです。

  5. まっしろしろ助 より:

    ズバリここに書かれているとおりだと思います。日頃から普通にバランスの良い食事を摂って、適度にスポーツや運動をすれば自然とスリムな体型になると思います。日常生活の中に体を動かすことを取り入れて、食事をしたら運動する、という基本的なリズムをつくればストレスをためることなく、理想の体型に近づいていけると思います。

コメントを残す