お茶のダイエット効果は知識がないと半減されちゃいますよ?

お茶の驚愕ダイエット効果

食後に飲むお茶、一日が終わってホッとくつろいだときのお茶、和菓子と共にいただくお茶、ぽかぽかの縁側でお新香に添えられるお茶・・・日本人にとっては当たり前の様に生活の中にある緑茶。この、飽きることのない日本の味が、ダイエットに効果があることはご存じですか?

知る人ぞ知る、知らない人は全然知らないお茶のすごい効果、教えちゃいましょう。

簡単に振り返る、お茶の歴史

お茶が日本で飲まれるようになったのは奈良時代。中国から持ち込まれたお茶は、当時は貴族だけが飲める貴重な贅沢品でした。12世紀頃には、お茶は武士の間にも広がりましたが、その頃は身近な飲み物と言うより薬としての要素が高かったそうです。つまり日本人は、当時からお茶には優れた薬効があることを知っていたのですね。

その後、江戸時代には庶民にまで広がったお茶は、18世紀に永谷宗円によって「宇治製法」が生みだされ、それまでの茶色から綺麗な緑色の水色と甘みを持った現在日本中で広く親しまれるお茶になりました。

シンプルだけどすごい!お茶の効果

飲むだけで痩せる?

お茶は何も加工はしなくても、最初から完全にカロリーオフなので、安心して飲めます。そして、お茶の葉に含まれているカフェイン。カフェインといえば覚醒効果が一番に思い出されるかもしれませんが、実は利尿作用も高いので、むくみ解消にとても効果的なんです。カフェインの利尿作用は飲んでから1時間、最大効果が現れるのが3時間後ぐらいですので、その辺りでお手洗いが近くなることを計算に入れ、お茶を飲むと良いでしょう。

また、お茶の渋みの元でもある茶カテキンは、脂肪燃焼を促す効果があります。カテキンを最も多く含むのはお茶の中でもダントツで玉露です。より多くのカテキン効果を狙うなら、お高くはなりますが、ぜひ玉露を選びましょう。玉露はお茶の葉の中でも、最も丁寧な栽培で手間暇をかけたお茶です。効果の高さも、さすがの高級緑茶ですね。

→『飲み物ごとの痩せる効果と注意点を、猿でもわかるように解説

同じ茶葉でも製法で効果が違う?

・ウーロン茶

同じお茶の葉から作られたウーロン茶は、どんな効果が得られるのでしょうか?緑茶と同じお茶の葉でありながら、茶葉を半発酵させたウーロン茶は、ウーロン茶重合ポリフェノールという成分が含まれています。このポリフェノールには、脂肪吸収を抑える効果があります。

・紅茶

茶葉製法の中でも、発酵の進んでいるのが紅茶。紅茶にはタンニン、紅茶ポリフェノールが豊富に含まれていて、糖質分解を促し、コレステロール値を下げる効果があります。また、発酵の進んだ紅茶は、お茶製品のうち、最も身体を温めそれを長時間維持します。代謝の促進にはその分、大きな効果ありです。しょうがなどをプラスすればさらに代謝が上がりますよ。冷え性の方の体質改善、冬の対策にも役立ちますね。

→『コレステロールを下げる食べ物の中で群を抜いて良いもの5種

・ほうじ茶

ほうじ茶は、緑茶を良く焙煎した茶色いお茶です。カフェインの量が少ないのでカフェイン効果は低いですが、お年寄りや小さなお子さんや赤ちゃん、誰でも飲める身体に優しいお茶です。ほうじ茶に含まれるピラジンという成分は、リラックス効果血行促進効果を促します。

飲み方の留意点を押さえよう

%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%af%e7%b5%b6%e5%af%be%e3%83%80%e3%83%a1

お茶は脂肪燃焼を促す効果がありますが、それだけで脂肪分が減るわけではありません。お茶は、運動による脂肪燃焼を、より効果的に促進させる力があります。

お茶の脂肪燃焼効果を、最もうまくダイエットに活かすには、運動の30分前に飲むことです。もちろん、冷たいお茶ではなく暖かい緑茶でさらに代謝を上げましょう。 お茶の利尿作用はむくみをとりデトックス効果がありますが、夏の暑い日の運動や炎天下の作業などでの水分補給には向いていません。深刻に身体が水分を求めている場面では、カフェインの利尿作用でさらに脱水症状を助長させる場合がありますので、特に気をつけくてださい。

夏の脱水症状の緩和に最も適しているのは、摂りすぎたら支障をきたすような栄養素がほとんど無い麦茶です。夏は日中は麦茶を中心に、要所要所で緑茶を飲むことが、よりいっそう緑茶効果を高める事になります。

また、カフェインやカテキン、タンニンの過剰摂取は確かに身体に弊害はありますが、お茶で言えば一日10杯以上の量よりさらに多くても大丈夫とのことなので、量的にはあまり気にしなくても良いようです。 ただし、タンニンは鉄分の吸収を妨げるので、貧血の方はお茶の量はなるべく控えた方が良いでしょう。

効果が高い特保のお茶

最近は、コンビニなどでも手軽に買える、お茶効果の高い商品がたくさん出ていますね。少しだけご紹介しましょう。

・『2つの働き カテキン緑茶』伊藤園

「体脂肪が気になる方」「悪玉コレステロールが高めの方」向け。『2つの働き カテキン烏龍茶』『2つの働き カテキンジャスミン茶』などもあります。

・『黄金烏龍茶』伊藤園

食事の脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる烏龍茶です。

・『伊右衛門 特茶』サントリー

脂肪の「分解」し体脂肪を減らすのを助けるお茶です。2ℓのペットボトルは、減り具合で飲んだ量の目安がわかるチェックシートがあります(WEBでダウンロード可)

・『ヘルシア緑茶』花王

特保のお茶といえば、ヘルシア緑茶のイメージが強いですね。豊富な茶カテキンが含まれ、エネルギーとして脂肪を消費しやすくするので体脂肪が気になる方に適しています。

ほかにもいろいろなメーカーから、お茶の効果を活かした商品が出ています。それぞれを飲み比べてみて、自分の好みに合ったものを選んでみるのも面白いですね。

→『次の流行はルイボスティー?美味しくラクーにダイエット

→『世界No.1級の栄養!モリンガの痩せ効能まとめ

→『美味しく飲むだけ!ごぼう茶のダイエット効能に驚愕せよ

 

さて、いかがでしたか?

日本人には身近すぎるお茶ですが、意外なほどにダイエットに適した飲み物だったのです。しかも、飲み方次第で、今よりもっとその効果を上げることができると分かれば、今後のお茶の楽しみ方も、また少し変わりますね。

今回の新鮮ネタ

お茶のダイエット効果は知識がないと半減されちゃいますよ?

・実は知られていない、お茶の歴史

・シンプルだけど凄い!お茶の効果

・同じ茶葉でも製法で効果が違う?

・飲み方の注意点を押さえよう

・効果が高い特保のお茶

もしダイエットの参考になりましたら、SNSで友達に教えてあげてください!

   

コメント

  1. りら より:

    いつも漫然とお茶飲んでましたが、タイミングや種類に気を配るだけでグッとダイエット効果が高まるんですね。目から鱗でした。
    玉露はちょっと手が出ないけど、まずは普段コンビニで買ってるお茶を見直してみたいと思います。

  2. 匿名 より:

    お茶は普段から何となく体にいいのかな、という程度の認識で飲んでいましたが、ダイエットにも効果があるなんて知りませんでした。特に私の好きな緑茶に脂肪燃焼効果があるということで、これから意識して飲もうと思います。

  3. しょんまお より:

    どちらかといえば、簡単だからとインスタントコーヒーを飲んでしまいがちなのですが、気になるむくみや脂肪に効果があるのであれば、タイミングもしっかり見計らって、積極的にお茶を生活に取りいれていこうと思いました!
    美味しいお茶をセレクトして楽しみながらダイエットしてみようと思います。

  4. mayaemon.22 より:

    玉露は値段が高いことは知っていましたが作るのが大変で高級な味がするからというイメージしかなかったので、ダイエット効果にも最も効果を発揮するなんて驚きです。今度絶対に買ってみます。

  5. まねきねこ より:

    普段からお茶を愛用していますがここまで良い効能を持っているとは思いもしませんでした。運動前のお茶は気軽に出来そうなので早速実践してみます。

コメントを残す