ホワイトチアシードの効果を引き出し痩せる秘訣5選

ホワイトチアシードの効果で痩せろ

スーパーフードとして注目されるホワイトチアシード。このチアシードが効果を発揮する場面と言えば健康面やアンチエイジングでの効果が挙げられますが、ホワイトチアシードにはダイエット効果も同時に持っているので、痩せたかったり、健康に気を遣う女性には特に嬉しい要素が満載なんですね。実際にもこのホワイトチアシードを取り入れた芸能人も多数いますのでますます注目されています。

しかし、このチアシードの効果を最大限に引き出すにはどうすればいいのか?そしてその効果はダイエットに有効なのか?気になるチアシードを使った「痩せるための秘訣」を5つ紹介しましょう。

腹持ちの良さを活かして普段の食事量を減らせる

あなたがチアシードと聞いても「種のような食べ物」以外にどういった特性を持つのか想像できますか?知名度が高くなってきたと言ってもその性質はあまり知られていないのが実情です。そして通常の黒いチアシードとホワイトチアシードどう違うのか?

ダイエットに有利に働くという意味では、ホワイトチアシードの方が腹持ちの良いとされています。チアシードは水分を吸収して膨らむのですが、その膨らんだ種はお腹の中を満たしてくれて、満腹感を味わうことができます。

そして、普通の黒いチアシードとホワイトチアシードの違いはその水分の吸収量!黒いチアシードが10倍の吸収量を持つのに対して、ホワイトチアシードは14倍もの吸収量を持つのです!チアシードの性質は同じですが、この違いによって黒いチアシードよりもホワイトチアシードはより満腹感を満たしてくれます。

なので、チアシードをダイエットに取り入れる場合はホワイトチアシードを選ぶのが正解と言えるでしょうね。

間食に混ぜると少ない量でも満腹感を得られる

間食する女性

さて、このホワイトチアシードの食べ方なのですが、ただ種をカリカリと食べるのはオススメしません。この種はそのまま食べると、体内の水分を吸収してしまうので食べる前に水に浸すことで予め水分を吸収させる必要があるのです。

この条件を満たしつつ、ヨーグルトなんかの間食にチアシードを混ぜて食べてしまえば、腹持ちも良くて少ない量で満腹感を得られる万能食品として使うことができます。間食をやめることができずにダイエットが頓挫してしまうというのであれば、このホワイトチアシードを間食の時に混ぜて一緒に食べればいつもの量を減らしつつ満腹感を味わえ、ダイエットの成功に役立ちますよ!

さまざまな食事に混ぜると見た目が気にならない

ホワイトチアシードは水を含ませると見た目が気持ち悪くなるのが難点ですが、その見た目を気にしなくするのが、料理に混ぜ込ませて誤魔化してしまうことです!見た目さえどうにかできれば食べるのに抵抗感がなくなるので様々な料理に混ぜ込んでしまいましょう!

さらに、このホワイトチアシードを普段の食事に混ぜ込ませることによって食べる量を減らすのにも有効です。普段の食事量が多いと感じるのであれば、このホワイトチアシードを使った料理を普段の食事と置き換えてみましょう。すると普段の食事の時と違ってみるみるうちに痩せていきますよ!そして、このホワイトチアシードは普段の食事の料理を彩りとして混ぜて食事の一品を減らすだけでもダイエットに効果的です。

置き換えでダイエットをするにしても、普段の食事を減らしてホワイトチアシードを加えるにしても効果的であるのは間違いないでしょう。

ドリンクに混ぜて飲み物にしてしまう手も

ダイエット中でも飲めるフルーツジュース

ホワイトチアシードはその水分の吸収量を生かして、飲み物に混ぜて飲むのも有効な食べ方でもあります。水分を含むとホワイトチアシードはとんでもない吸収量で膨らんでしまいますが、この水分の含ませる時間はワリと時間がかかったりします。

しかし、飲み物に混ぜるという事は水に含ませる時間はともかく、取り出す必要もなくなるので、料理をする時の手間を考えたら手っ取り早く実行できるのが強みですね。ダイエット効果的にもスムージードリンクとして飲んだりして、腸内環境もついでに整える意味もありますので、この方法でホワイトチアシードを食べるのもアリでしょう。

お湯で水分を吸収させてもOK

普通のチアシードだとお湯で水分を含ませるとオメガ3という栄養成分は効果がなくなってしまいますが、このホワイトチアシードだとその効果がなくならずに済みます。このなくならないという効果はダイエットをする上では朗報でもあります。

というのもお湯、すなわち白湯やコーヒーと言った体を温めて新陳代謝を上げるのはダイエットにも効果があるのですが、これにチアシードを加えてさらに満腹感まで持てればこれだけでダイエット効果にも期待できるというものです!

ただし、湯もコーヒーもチアシードを入れすぎて長時間置いたらドロドロの液体になってしまいますので、入れる場合は少量の量に留めて早めに飲んでしまうのがベストでしょう。

 

チアシードとホワイトチアシードの違いはそれほど大きくないでしょうが、どうせなら少しでも効果がある方を選びたいものですよね?ホワイトチアシードはダイエット効果の1つ、新陳代謝を上げる時にも一緒に摂れるのが嬉しいポイント。そして、どんな食事にも混ぜて使える万能な食品でもあるので、あなたの食事メニュー次第では毎回使っても気にならないかもしれませんよ!

今回の新鮮ネタ

ホワイトチアシードの効果を引き出し痩せる秘訣5選

・腹持ちの良さを活かして普段の食事量を減らせる

・間食に混ぜると少ない量でも満腹感を得られる

・さまざまな食事に混ぜると見た目が気にならない

・ドリンクに混ぜて飲み物にしてしまう手も

・お湯で水分を吸収させてもOK

もし役に立ちましたら、SNSで他の方に教えてあげてください!

   

コメント

  1. あーこ より:

    最近流行ってるチアシード。効果自体は知らなかったので、勉強になりました!
    カサ増しになるんですね。どんな味かも気になるところです。

  2. miriko より:

    コンビニとかで良く見かけるチアシード。ダイエットに効果があるということを噂に聞いていました。実際の効果は間食の時の食べ過ぎを抑制することができたり普段の食事に混ぜることによって食事の摂りすぎによる肥満が解消できそうでした。

  3. よっちゃん より:

    いつもの飲み物や料理に混ぜるだけで良いという点に魅力を感じました。これなら手軽にできるので長続きしそうです。これからの時期は、温かい飲み物が恋しい季節なので、温かい飲み物にもOKなホワイトチアシードは、嬉しいです。早速試してみたいと思います。

  4. まいまい より:

    ドラッグストアで見かけて以来、チアシード気になっていました。どうやって使ったらいいのかよくわからなかったので購入までには至らなかったのですが、明日買ってみようかなと思います。毎朝飲むスムージーに入れてみたら腹持ち良くなりそうでダイエット効果も期待できそうですね。

  5. hati より:

    通常のチアシードとホワイトチアシードの違いが分からなかったので勉強になりました。
    ホワイトチアシードのほうが水分の吸収率が多くて満腹感を得られやすいのですね。今度試してみます!

  6. りんご より:

    実際にホワイトチアシードを摂取しているけど、ヨーグルトに混ぜることしかやっていなかったから、勉強になりました。腹持ちのよさを活かせていない自分にも気づくことができたのでよかったです。色々な摂取の仕方を試してみようかなと思いました。

コメントを残す